PR
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
鴻巣花火大会
0
    こんちには斎藤です。


    10月8日に地元鴻巣で花火大会が行われ、近くの駅ビル屋上から見ました。


    秋の花火は珍しいですがその分来訪人数が多いので市をあげての大イベントになっています。



    ジェイコムではテレビ中継もあり地元ならが凄いなと感じました。 しかし寒い。




    秋の夜風で段々冷えてしまうので多くの人がブランケットやコートを羽織っているのが印象的で空気が澄んでいてより綺麗に見られるのが夏との違いだと思います。












    大成功だったそうです。是非来年、鴻巣へ来て下さい。
    posted by: ogatsu | - | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
    雨が降ると不調になるのは気のせい?
    0
      みなさん、こんにちは。

      先週の木曜日から雨が降り始めて、今週の天気予報もずっと雨マークが続いていますね。 雨が続くと憂鬱になったり、頭痛や関節痛が出るという方もいるのではないでしょうか。

      こういった痛みを天気痛といい、気象と体調は深く関係があることがわかってきました。

      天気には、気温、湿度、気圧といった要素がありますが、特に天気痛に関係あるのが「気圧」で、その変化を敏感に感知するのが内耳です。内耳とは、中耳の奥にある、三半規管や前庭など体のバランスを保つ器官が集まっている部分です。

      敏感さには個人差があるので、天気痛のつらさにも個人差があるそうです。

      内耳が感じ取った気圧変化などの情報は、内耳の前庭神経を通って脳に伝わり、それによって自律神経がストレス反応を引き起こし、交感神経が刺激されます。その結果、痛み物質が分泌され、神経を刺激し、痛みを感じるのです。

      天気痛の原因は自律神経の乱れというわけなんですね。 耳の奥の方で気圧の変化を察知しているとは驚きです。
      雨になると不調になる方は、気のせいではなく、気圧の変化に敏感なのかもしれません。無理せずにリラックスして過ごしましょう。

      天気と関係があるかはわかりませんが、当院では最近、首を痛める患者様が多いです。

      風邪の予防にもなりますので、首元を温かくしてお過ごしください。

      気温がぐんと下がりましたので、電気治療の際、赤外線やホットパックなど体を温める電気も併用して治療を行っています。

      ぜひご来院ください!
      posted by: ogatsu | 気象病・天気痛 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
      おがつ接骨院便り2017年10月号
      0
        みなさん、こんにちは。
        今月のニュースレターができました。
        今月のテーマは「朝一番、腰痛体操」です!

        朝晩めっきり寒くなってきて、起床時に腰に違和感を感じる方もいるのではないでしょうか?

        腰痛持ちの方は、起床時に一番痛むという方も多いです。

        目が覚めて、寝っ転がったままできる簡単なストレッチです。
        毎朝行うことで、心も体もすっきり目覚められるようになるかもしれません。

        腰痛体操の他に、睡眠負債やお灸と鍼の紹介もしています。

        ぜひ、ご覧ください!


        今日は十五夜ということで、月を見てみたら驚くくらい明るい月でした。
        満月は明後日らしいですが、空気が澄んで雲があるのも関係ないくらいきれいです。
        今日は寒いので暖かくしてお月見してくださいね。

        posted by: ogatsu | ニュースレター | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
        十五夜と睡眠
        0
          みなさん、こんにちは。

          明日は、十五夜だそうです。 十五夜というと9月15日というイメージがありますが、年によって違うんですね。 最近は日が暮れるのも少し早くなり、夜はだいぶ涼しくなり空気が澄んでいるので、明日はきれいなお月様が見えるといいですね!

          夜が長くなってくると夜は家で過ごす時間も多くなるので、睡眠の質も気になるところです。

          最近、睡眠負債という言葉をよく耳にします。 睡眠負債とは、睡眠不足の状態が続き、睡眠不足の弊害か蓄積されることです。睡眠負債が増えるにつれ、作業効率の低下やうつを引き起こしたり、さらにはアルツハイマーや糖尿病、がんなどの深刻な疾病にもつながることが研究でわかってきました。

          睡眠負債を貯めないためには、昼間15分程度の昼寝を取ることも有効ですが、一番大切なのは寝入りの1時間半〜2時間くらいの睡眠の質を上げることだそうです。成長ホルモンが分泌され、疲労回復などの健康効果が高くなります。

          また、寝入りの睡眠の質を上げるには、夕方に軽い運動をすること、就寝1時間半前に入浴することも有効ですが、朝日を浴びることが一番大切なのだそうです。

          睡眠は毎日のことだからこそ、体に良い睡眠を取れるようにしたいですね。 睡眠の質を上げるには朝日を浴びることと書きましたが、朝日を浴びながら軽い運動をするのもおすすめです!

          今月のニュースレターでは、朝一番に行う腰痛体操をご紹介する予定です。
          ニュースレターは現在、作成中ですので、もう少しお待ちくださいね( ^ ^ )
          posted by: ogatsu | 睡眠 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
          寒暖差による不調
          0

            みなさん、こんにちは。

            「暑さ寒さも彼岸まで」と昔から言われていますが、確かにお彼岸までの時期は寒かったり暑かったり気温の変動が多いですね。

            秋分の日をはさんで前後3日の7日間がお彼岸です。お彼岸が過ぎれば気候もぐんと秋らしくなるのではないでしょうか。

            特に9月に入ってから、寒暖差が激しいせいか、咳や発熱や頭痛が流行っているそうです。

            これは、自律神経が乱れやすくなるために起こる体調不良です。寒暖差が6℃以上になると、自律神経のバランスが崩れやすくなります。

            季節の変わり目に風邪などが流行るのもこのせいです。

            自律神経の乱れによる体調不良を防ぐためには・・

            疲れをためないよう、ゆっくりしたりリラックスする時間を持つ。

            軽い運動をして、心地よく疲れることによって質の良い睡眠をとる。

            睡眠時に体を冷やさないように就寝時の気温より少し厚めの衣類で眠る。

            などが有効です。

            体温調節しやすいように、ストールや上着などを持ち歩いておくと安心ですね。

            また、ゆっくりお風呂に入って体を温めたりリラックスするのも良いと思います。

            連休に入ると気が緩んで疲れがどっと出たりすることがあります。

            マッサージには血行を良くして自律神経のバランスを整え、自然治癒力を高める効果もあります。

            連休前や連休後にゆっくりマッサージを受けてみるのも良いかもしれません。

            スタッフ一同お待ちしております!

            posted by: ogatsu | - | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
            台風一過
            0
              みなさん、こんにちは。
              昨晩はさいたま付近も台風が近づいていたようで、ものすごい風の音で2時頃に目が覚めました。

              今日は、台風一過で青空が広がっていましたね。

              気圧の変化が大きい時は、頭痛など体調不良が起こりやすいそうです。
              明日からはしばらくお天気が続くようで一安心です。

              昨晩の強風で植木など倒れていないか見に行ったところ、無事でした。
              先週のうちに、丈の短い花に植え替えておいたのでよかったです。


              9月以降、祝祭日が多くなります。
              当院の診療は、カレンダー通りですので、日・祝日は休診とさせていただきます。
              (土曜日が祝日の場合も、休診ですのでお気をつけください。)




              土曜日の15時〜17時は、30分以上のマッサージ、鍼、カイロプラクティック、骨盤矯正などの自由診療のみ予約診療となります。

              待ち時間なくゆったりと治療を受けたい方におすすめです。

              電話予約できますので、気になる方はぜひお問い合わせください!

              posted by: ogatsu | - | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
              おがつ接骨院便り2017年9月号
              0

                みなさんこんにちは!

                9月のニュースレターができました。

                今月のテーマは『スポーツによる外傷と傷害』です。

                 

                夏は合宿や大会が多く行われ、スポーツに取り組んだ方も多いと思います。

                今年は、花咲徳栄高校の甲子園優勝や世界陸上の男子400mリレー銅メダル、サッカーのW杯への出場決定など嬉しいニュースが続きましたね。

                しかし、スポーツ選手の華々しい活躍の裏では、ケガや痛みとのたたかいもあったと思います。

                今回は、スポーツをテーマに、競技ごとにしやすいケガを紹介しています。

                 

                <スポーツによる外傷と傷害>

                ○スポーツ外傷とスポーツ傷害の違い

                ○スポーツ別の外傷と傷害

                ・陸上競技

                ・野球

                ・サッカー

                ・テニス

                ・バスケットボール/バレーボール

                 

                ニュースレターは、院内受付と外にあるボードの所に置いてあります。

                ぜひご覧ください!

                posted by: ogatsu | ニュースレター | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
                魚の目の灸治療
                0
                  魚の目の治療に使うもぐさです。



                  このように患部にお灸をしていきます。



                  とても熱そうに見えますが、硬い角質を燃やしている場合、患者さんは熱さを感じないそうです。(熱そうな画像なので苦手な方は気をつけてください!)








                  一回の治療の中で何回かお灸をして、その後も一週間に一回くらいのペースで治療を続けます。

                  今回は、三回のお灸の後、黒いかさぶたがぽろっと取れました。
                  取れてから10日ほど経った画像です。


                  市販のテープやその他の治療でも良くならなかった時は、お灸のことも思い出してくだされば、と思います。
                  posted by: ogatsu | 魚の目・たこ | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  足裏の症状に悩んでいませんか?
                  0

                    健康のためにウォーキングをしている方やおしゃれに気を使ってヒールの靴やサンダルを履く方には、足の裏の魚の目やたこで悩んでいる方も少なくありません。

                    魚の目・たことは、足の皮膚の一部の角質が厚く硬くなっている状態です。

                    痛みが出てしまうと、痛みを避けようと不自然に歩くため、肩こりや腰痛などのほかの症状にも発展していきます。

                     

                    症状が出てしまった場合は、まずは皮膚科に行き、大きさや深さを調べ細菌性のものかどうかを診断してもらいましょう。

                    症状に応じて、カミソリで削ったり、サリチル酸という薬で患部を柔らかくしたり、レーザーやメス・液体窒素を使って切除するといった治療を行います。

                    市販のテープなどもあります。

                    これらの治療をして症状の改善が著しくない時に、お灸を試してみるのもおすすめです。

                     

                    当院では、対処療法としてお灸を用いて魚の目やたこの治療をし、根本治療として足の変形や足首の関節の硬さを診ていきます。

                    魚の目・たこは歩き方の癖や足に合わない靴を履いていることで、足の裏がしなやかに動かない歩き方になって、一部の皮膚が圧迫されたり摩擦が生じて起こります。

                    東洋医学でいえば、気の流れが悪い状態にあり、健康にも良くありません。

                     

                    お灸というと、もぐさに火をつけて治療しますので、熱いというイメージがありますが、実際に治療してみると熱さを感じない方がほとんどです。

                    角質の厚い部分にお灸をしているうちは熱さを感じないようです。一週間に一度くらい通院していただき、何回かお灸をすることで、角質の周囲から柔らかくしていき、最終的には根っこの部分も焼きます。

                    黒いかさぶたのような状態になり、ぽろっと取れたら治療は終了です。

                     

                    次回のブログでは実際にお灸をしているところを紹介していきます!

                     

                     

                     

                    posted by: ogatsu | 魚の目・たこ | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    お盆休み
                    0
                      みなさんこんにちは。

                      夏期休診を終えて、本日から診療を再開しました。

                      今年は、梅雨明けしてからの方がお天気がすっきりせず蒸し暑い日が続いてますね。

                      仕事は夏休みに入ったけどお天気のせいで予定を変更した方もいるのではないでしょうか。

                      長い休みにはいって疲れがどっと出て調子を崩したり、帰省や旅行で長時間の乗り物移動をして体がだるくなったりしていませんか?

                      休み中めいっぱい活動して筋肉痛になったという方もいるかもしれません。

                      そういった症状の方は、マッサージで疲れを癒したり腰痛や肩こりや足の張りをほぐす治療がおすすめです。

                      マッサージには、自律神経のバランスを整える効果があります。
                      活動する時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経のバランスを整えることで、夏休み明けの生活を気持ちよくスタートしましょう!

                      posted by: ogatsu | - | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) |