PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
花粉症と腰痛
0
    みなさんこんにちは。 花粉症の季節ですね。
    くしゃみによって腰や首を傷めることがあります。
    くしゃみの勢いが関節のつなぎ目の部分に負担がかかりやすいため起こります。 花粉症でくしゃみが続くと全身に疲労を感じたりつらい症状が続きますね。
    腰や首を傷めないためには、座った状態でくしゃみをする、立っている場合は膝を軽く曲げて膝に手をつく、おしりを壁につけるなど衝撃を腰や首以外の場所で吸収することが効果的です。 ひどい場合はぎっくり腰のようになることもありますが、くしゃみによる負担が蓄積され慢性的な痛みになってしまうことがあります。
    痛みは疲労やストレスの蓄積で重症化していきます。 軽い運動で血行を良くしたり疲労をためないようにして過ごしましょう。
    posted by: ogatsu | 腰痛予防 | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    腰痛の際の注意点
    0
      みなさん、こんにちは。

      引き続き腰痛特集です!

      腰痛になって治療を受けたとしても、日常生活の中で腰に負担をかけてしまうと、治るのに時間がかかってしまいます。

      今回は日常生活での注意点についてご紹介します。

      1.安静

      急性の腰痛になってしまったら、一番大事なのは安静にすることです。

      3日間安静にしていればだいぶ回復するはずです。

      2.冷却

      傷めてすぐ痛みの強いうちは、冷やすことも大事です。

      湿布や保冷剤でも良いですが、肌にまんべんなく当てることができるのは氷です。氷をビニール袋に入れてタオルでくるんで腰に当てましょう。

      炎症が弱い場合は冷やすと逆効果になるのでご相談ください。

      3.横向きに寝る

      痛い方を上にして、ひざを軽く曲げて寝ましょう。膝の間にクッションを挟むとより腰への負担が減ります。

      4.手をつく

      起き上るとき、立ち上がる時は、必ず手をつくようにしましょう。前屈にならないよう、反らないよう、腰に負荷がかからぬよう、手で身体を押し上げて足に力を入れます。

      5.コルセットをする

      どうしても動かなくてはならない場合は、コルセットをします。横になる時ははずしましょう。

      急性の腰痛・ぎっくり腰になってしまうと想像以上に生活に支障が出ます。

      顔を洗ったり、靴を履いたりするのもつらかった経験があります。

      ぜひ参考になさってください!
      posted by: ogatsu | 腰痛予防 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      寝返りと腰痛
      0
        みなさん、こんにちは。
        朝、起きるのがつらく感じる季節ですね。

        腰痛持ちの方で、起床時に一番痛みを感じるという方も多いのではないでしょうか。
        疲れたまま眠った翌朝は、目が覚めても体がなかなか動かないこともあります。

        起床時の腰痛と密接な関係があるのが、寝返りの回数です。

        先日、テレビ番組で腰痛と寝返りに関して検証していました。

        検証の結果は、寝相が良い人ほど腰痛があるとのことでした。
        寝返りが少ないと、同じ姿勢を長時間続けることになるため、腰や周辺の筋肉や靭帯に負担がかかります。
        寝ている間に腰の筋肉の血流が低下し炎症反応が起こるそうです。

        寝返りを打つために必要なのは、全身の筋肉です。

        筋肉の硬いところがあると寝返りしづらくなります。
        腰痛持ちの人の特徴として、胸、おしり、もも裏、ふくらはぎ裏の筋肉が硬いということもわかりました。

        腰をかばうことで周辺の筋肉が硬くなる、周辺の筋肉が硬くなることで寝返りの回数が減り起床時に腰が痛む、という悪循環に陥ってしまいます。

        この悪循環を断ち切るためには、胸やおしり、もも裏、ふくらはぎ裏の筋肉を柔らかくする必要があります。


        腰周辺の筋肉を柔らかくするために有効なのが、就寝前のストレッチです。

        腰を捻る、裏ももをのばす、などをあまり力を入れずにゆっくり呼吸しながら行いましょう。

        疲れているときほど、そのまま眠らずに体をほぐしてから眠ることが重要です。
        柔らかすぎるベッドも寝返りの妨げになるので気をつけましょう。

        腰痛にお悩みの方、ぜひ就寝前のストレッチをお試しください。

        筋肉をほぐすためには、マッサージも有効です。

        施術時にストレッチ指導も行っていますので、腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
        posted by: ogatsu | 腰痛予防 | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
        年末の疲れ
        0
          みなさん、こんにちは。

          早いもので、今年もあと一週間になりました。

          クリスマスに年越し、忘年会などもあり、疲れが出ている方もいるのではないでしょうか。

          この時期は、一年の中でも日照時間が短いため、憂うつになりやすい時期でもあります。
          日照時間の減少は脳内物質にも影響があるからです。

          また、年末年始はお酒を飲んだり食べ過ぎたり座りっぱなしだったりすることも多く、体への負担もありストレスがたまっているかもしれません。

          お休みの日に1〜2時間静かに過ごす時間を作るだけでも気分がすっきりします。

          忙しい時期こそ、ヘルスケアやリラックスを心がけて、寒い冬を乗り越えていきましょう。

          年末におすすめの施術はマッサージです。ストレスで緊張している体をほぐしていきます。

          血行が良くなり冷え対策にもなりますし、免疫力を高める効果もあります。

          この時期に多いぎっくり腰の予防にもなりますので、ぜひお試しください。

          スタッフ一同お待ちしております!





          posted by: ogatsu | 腰痛予防 | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
          腰痛予防〜重いものを持つ時〜
          0
            みなさんこんにちは。
            先日、荷物の整理をしていて、重いダンボールを持ち上げたところ、その後どうも腰痛が気になります。

            このくらいの重さなら大丈夫だろう、と思っていても、持つ姿勢によっては重さ以上の負担を腰にかけることになります。

            低い位置にあるものを持ち上げる時、膝を曲げずに手だけで持ち上げようとするのは悪い姿勢です。

            悪い姿勢の時は、上体が地面に対して平行になり、腰と荷物が離れた状態になります。

            ぎっくり腰の原因になるので要注意です!


            正しい姿勢は、膝を曲げてしゃがみ荷物と腰の位置を近づけます。

            上体は地面に対して直角に近い状態になり、重心点が荷物に近くなるため腰への負担が軽減されます。

            年末に向けて、重いものを持つ機会もあるかと思います。ぜひ参考にしてください!



            posted by: ogatsu | 腰痛予防 | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
            腰痛予防〜腹式呼吸〜
            0
              気温が下がり体が冷えやすい季節になりました。

              これから忘年会シーズンになり、同じ姿勢で座る時間が長くなったりすると、気をつけなくてはいけないのが腰痛です。


              腰痛予防の第一歩としておすすめなのが腹式呼吸です。

              お腹を膨らませ大きく呼吸することで、腹筋が鍛えられ腰痛予防になります。

              副交感神経を働かせるため、リラックスできたり、体温が上がり免疫力アップにもつながります。
              冷えの改善にもなりますのでぜひお試しください。

              ☆腹式呼吸の練習方法☆

              1.肺の中の空気を口からゆっくり吐く

              2.息をとめる

              3.お腹を膨らませながら鼻から息をゆっくり吸う

              4.吸った時の2倍の時間で口から息を吐く

              最初は少しの腹式呼吸でも疲れますので、5回程度練習してみてください。

              慣れてきたら回数を少しずつ増やし何セットか行いましょう。

              仰向けになりお腹に手を当てて、骨盤背骨お腹に意識を傾けて行うのがポイントです。

              日頃から運動している人には、物足りないかもしれませんが、ストレッチや体操をする際も呼吸を意識するとより効果が上がります!
              posted by: ogatsu | 腰痛予防 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |