PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
肩甲骨体操
0
    こんにちは斎藤です。



    寒さがきつく感じるような季節になりましたね。





    肩がすくみ体が丸くなっていませんか?朝起きた瞬間から背中、首に痛みが走る、という訴えの患者さんが増えています。 そこで誰でもすぐ出来る肩甲骨体操を紹介します。




    姿勢は肘を曲げて指が地面を向くように腰に当てます。少し臀部を触るくらいの位置が理想です。








    ?肘を前方へ動かし肩甲骨を広げるのですが背中が丸くし突き出すイメージでやります。















    ?次は肘を後方へ動かし両方の肩甲骨を近づけるます。胸を張り大胸筋を伸ばしましょう。









    ポイントは肩や首に力を入れないようにゆっくり呼吸しながら行いましょう。
    posted by: ogatsu | ストレッチ・ウォーミングアップ | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ウォーミングアップの重要性
    0
      先週、かなり寒い日にフットサルをしたところ、久しぶりに足がつりました。

      いつもは、ウォーミングアップで身体が十分に温まるのですが、その日は特別気温が低いことと、アップ時間が短かったことが重なり、動き始めからふくらはぎに違和感を感じました。


      30分ほど経過して、右足に力が入った瞬間に足がつった状態になり、慌ててすぐに伸ばしたのですが、その日はずっと違和感を感じ、軽めに動いてストレッチを繰り返し何とか無事に練習を終えました。


      そもそもウォーミングアップはなぜ必要なのでしょうか?



      ウォーミングアップとは


      運動による障害や外傷を未然に防ぎ、運動を行う上で本来の運動能力が円滑に発揮出来る状態を作る事。


      その効果は

      1 体温、代謝、筋温の上昇

      2 関節可動域の増大による柔軟性の向上

      3 神経作用の亢進

      4 怪我の予防

      5 心理的作用、リラックス



      等です。


      どの様なストレッチが必要かについては、また今度紹介しようと思いますが、ウォーミングアップ後にしっかり動けるよう入念に行うことと、自分の弱い(硬い)場所は何回も伸ばし柔軟性を高めておくことが重要になります。

      この時期はスポーツによる障害や怪我が増えています。
      運動による怪我をしやすい方は、ウォーミングアップ方法を見直してみてはいかがでしょうか。


      小勝


      posted by: ogatsu | ストレッチ・ウォーミングアップ | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) |